キャッシングを利用する人が陥りがちな問題

Posted by cradmin - 1月 13th, 2015

特に、キャッシングを初めて利用しようとしているキャッシング初心者の方は気を付けていなくてはなりません。
お金を借りる、ということには当然それに見合っただけの責任が伴います。あらかじめ注意点を頭に入れたうえでキャッシングサービスを利用しましょう。上手にキャッシングすれば、消費者金融や銀行はとても便利なもので、有意義な生活を送ることに繋がります。困ったときは、躊躇せず早めにキャッシングを利用したほうが良いケースも多いですから、しっかり調べたうえで利用しやすいところを選んで利用しましょう。
はじめての方が利用しやすくなる特典を用意してくれているところが多いですから、初めての方はその特典を利用すれば返済の負担を大きく減らすことができます。
失敗や後悔の無い借り入れを行いましょう。


カードローンのキャッシングで借りすぎてしまう

消費者金融のカードローンは審査が優しく、気軽に利用できるのが特徴です。しかし、その分銀行より金利が高く、利用には計画と注意を払っておく必要があります。
カードローンは審査が優しいだけでなく、近所の銀行やコンビニエンスストアのATMを利用して自分の口座からお金を引き出すのと同じくらいの気軽さでもってお金を借りることができます。この簡単さもあって、気を付けていないとどんどん借入額が増えてしまうなんてことは多いです。
特に消費者金融のカードローンに関しては、自分の収入と相談しつつ、確実に返済できる範囲内での借り入れを心がけましょう。また、借り入れがATMから簡単に行えると同時に、返済もATMを利用して簡単に行えるというのもカードローンの特徴です。


悪徳金融業者に気を付ける

昔ほどでないにせよ、違法な貸し付けを行う悪徳業者はまだ存在しています。即日審査、即日融資や、異常に安い金利など甘い言葉に騙されないようにしましょう。インターネットで検索しても情報が全然出てこない業者や、ダイレクトメールで勧誘してくる業者は怪しいです。
テレビや広告で名前をよく目にする大手の消費者金融や銀行を利用するのが安全で確実です。大手の業者ならば30日間ほどの無利息期間を用意してくれているところや、銀行ならば安い金利で借り入れることもできますから必要な方は、比較サイトや公式サイトを調べてから条件を比較した上で利用しましょう。
違法な貸し付けや暴力的な取り立てはフィクションの世界だけの話ではありません。自分は大丈夫だと思って気を抜かないようにしましょう。

参考サイト:お金を借りる様々な方法

キャッシングにまつわる法律について知りたい

Posted by cradmin - 6月 3rd, 2014

キャッシング会社には、サラ金や銀行、クレジットカードサービスを行う信販会社などがあります。この3つは2つの法律に合わせて分類することができます。この違いは、借金できる上限金額などにも関係しているそうです。


キャッシング会社は2つに分けられる

まずは銀行です。最近になって少額ローンのサービスが活性化していますが、昔は住宅ローンなど大きな融資しか行っていなかったと言われることもあります。銀行には銀行法という法律があって、この法律にそって借りることのできる人の条件などを設けています。中には専業主婦が利用できるものがあるというのも、この法律の違いから出るサービスの差があるそうです。


サラ金やクレカは貸金業法

一方で、昔から即日審査などの少額ローンを提供していたサラ金、クレジットカード会社は貸金業法という法律に沿っています。この法律では、個人の年収にあわせて借りることのできる金額が決まっているそうです。年収の3分の1までという総量規制や、収入証明書の提出義務なども貸金業法特有のルールとなっているそうですが、一部キャッシングの、おまとめローンなどはこの規制対象から除外されるケースもあります。収入証明書の提出義務は一社から50万円を超えるときに発生します。

参考:サラ金 審査(有名どころのサラ金に関して言えば、審査は銀行と同じぐらい厳しい場合もあります。まずは、審査基準を知ることから始めましょう)

キャッシングは初回特典が豊富に

Posted by cradmin - 6月 3rd, 2014

キャッシング会社では、消費者金融や銀行の即日審査サービスやローン商品の拡大に伴って、新しく初めて利用するお客さんに向けたサービスが増加しているといわれているそうです。初回利用特典などと言われていますが、このサービスに注目してみましょう。


キャッシングが一定期間無利息に

もともと、一定期間だけ無利息で利用できる、というサービスはノーローンという消費者金融が開始したもので、この会社では今でも、誰でも何度でも1週間無利息というサービスを続行しています。一ヶ月無利息になるというサービスをプロミスが展開していますが、これは過去にプロミスの利用がない人だけを対象としていますから、初回特典としては非常に大きくお得になる可能性もあるそうです。


一括返済は会社で対応が違う

この期間内に返済を全額終えるという場合には、会社によって対応が変わることもあるようです。ノーローンではこの1週間以内に一括返済をすれば、利息は本当に0円にできますということが売りになっていますが、この期間が長くなる場合には、一括返済の場合は別途相談が必要というキャッシング会社もあるそうです。しかし繰り上げ返済などで後の負担を減らすには非常に最適な期間ですから、利用しちゃいましょう。

即日審査と無審査キャッシングの大きな違い

Posted by cradmin - 6月 15th, 2015

キャッシングを利用するためには審査を受けなければいけないというのは、この業界で唯一言える「絶対」かもしれません。
それだけ、無審査のキャッシングというのは信用ならないものです。
「即日審査も同じようなものじゃないか」と思っていらっしゃる方がいるかもしれませんが、あるかないかの違いは明確にしておかなければいけません。
現在は、即日でもしっかりとしたサービスが利用できるからです。


これからは即日キャッシングの時代

銀行がカードローンを導入して即日融資のサービスを提供し始めたように、これからのキャッシング会社は即日サービスの時代なのです。
逆に言えば、審査のクオリティはそのまま、銀行の融資が受けられる時代が来ました。
これがあるかないかでは、会社のお墨付きかどうかという点で信用が変わってきます。
1度銀行から借り入れすることができれば、業界全体からは信用という点で一目置かれるようになります。
少し大袈裟に言いましたが嘘ではありません。
それがより高額の借り入れなら、さらに信用が増します。


無審査はヤミ金時代の名残

お金に困っている人の心の弱みに付け込んで、キャッシングを「利用させようとする」のが無審査です。
無審査ということは信用もへったくれもないので、返済が滞ってもなんとかなるようにお金を貸しているということになります。
それはつまり法外な金利を押し付けることの裏付けであり、あまりに返済が遅ければ怖いお兄さんたちとお友達になるということでもあります。
今の会社の審査は、誰でも受けられ誰でも借りられるようにハードルがとても下がっているので、怖がらずに受けてください。

キャッシングしたら金遣いが荒くなる?

Posted by cradmin - 10月 15th, 2014

普通に生活しているだけでも、お金はどんどん減っていきます。
給料日前や急で予想できなかった物入りなど、もっとお金が必要だ! という場面は少なくないと思います。でも金融会社って怪しいし怖い…。
それに一度使ってしまうと歯止めがきかなくてその後何度も使ってしまうかも。そんなことを考えてしまってなかなか利用に踏み込めない人もいるのではないでしょうか。


キャッシングで計画的な金銭感覚を

一度ためしにキャッシングサービスを利用してみると、思ったより便利で、むしろ利用前より計画的にお金を使うことができている。そう言われる方は少なくありません。
今は大手の会社で法外な金利を吹っかけてくることもありませんし、きちんとした下調べをしたうえで申し込めば、安心お手軽に利用することができます。
ぜひ身近になって利用しやすくなったキャッシングサービスを利用してみてくださいね。


即日審査も身近に?

審査をよりスピーディにすることができた理由はインターネットです。
WEB上で申し込みの大部分を済ますことが可能になったので、店頭や契約機でかかる時間が格段に減り、結果的に即日審査や即日融資のハードルが下がったと言えます。
パソコン以外でもスマートフォンなどの携帯電話でももちろん申し込むことができますよ。

キャッシング会社の扱うローン商品をご紹介!

Posted by cradmin - 7月 28th, 2014

キャッシング会社では、コマーシャルなどで紹介している即日審査の他にもいろいろな金融商品の扱いがあります。利息が少しだけ安くなる目的別ローンや、返済専用で利用できるおまとめローンなどです。話題になっている新しい商品でもあるおまとめローンなどについて知っておくのはどうですか?


キャッシングローンの返済が大変なときに使えるローン

おまとめローンは2社以上からお金を借りているときに利用できるものです。総量規制の開始は平成18年の貸金業法改正からなので、その前にそれ以上借りてしまっている人などには、まだ数多くの借金をひとつずつ支払っているという人も多いそうです。しかし、おまとめローンの特徴で、現金は借りないという新しいローン商品で、総量規制以上のお金でも、規制対象から除外も認められているので、利用できる可能性があるそうです。


目的別ローンは利息が少し安くなるかも

キャッシングの即日審査商品は、フリーローンという、利用目的を問わないということを原則としたローン商品です。目的別ローンでは、この利用目的に制限が加わります。会社によって、プランが微妙に違うようですが、有名なものではマイカーローン、ウェディングローンなど、現金出費が多くなるローンが目的別として扱われやすいようです。一時的な現金出費の多い目的の場合は、このような商品をオススメします。

キャッシングは銀行だと審査が厳しいって本当?

Posted by cradmin - 6月 3rd, 2014

キャッシングは銀行や消費者金融、キャッシング枠を利用することでクレジットカードからも利用が可能になっています。クレジットカードの場合は、所有するときに審査があるので、ここで決められた限度額内のショッピング、キャッシングとなりますが、消費者金融や銀行から改めて借りるという場合に審査があるため、即日審査などでは特にその厳しさなどに着目することも多いそうです。


キャッシング審査が銀行だと厳しいの?

一般的な意見に、消費者金融のほうが審査はやさしいという声があるそうです。これは利息の設定などとも関係するようですが、銀行の審査を厳しいと判断されている理由に、保証会社があると言われています。保証会社とは、銀行で貸したお金が返済されないときに、代わりに支払いを行う会社のことです。銀行がお金を貸してもいい!と判断しても、この会社では銀行の負債を負担する分だけ、厳しく見るということもあるそうです。


その分利息は安い

利息が安いということは、ちゃんと返してくれる、ということにもつながるそうです。利息が会社にとっても利益になるものですから、返済が滞る人が多い場合には、大きな負債になってしまうので当然のことですね。そのため審査に通りやすい消費者金融は、銀行よりも利息が高くなっているという声もあるそうです。

過去のキャッシングで過払いが発覚、どこに相談したらいい?

Posted by cradmin - 6月 3rd, 2014

キャッシングを過去に利用していて、利息が高く設定されていた、法律で定められているものよりも高い利息を支払ってしまったという人は、そのときに支払って多すぎた分の利息を請求できる権利を持っています。過払い請求はどのように行うかをご紹介します。


多くのキャッシング会社が利息は守っている

今、即日審査などを行っている多くの会社は、消費者金融でも銀行系キャッシングでも、利息の上限をきちんと守って運営されているそうです。しかし過去に、支払い過ぎてしまったかもしれないと思う場合には、会社に利用した履歴の開示を求めることで、確認をすることができますし、支払い過ぎていたものは、ちゃんと返金してもらうことができます。


弁護士や司法書士に相談を

過払い請求は、弁護士や司法書士が専門的な知識を持っているそうです。手元に当時の利用明細などがない場合でも、本人確認書類があれば可能なのだそうですから、気になる場合にはまず、明細の開示を求めましょう。また、司法書士は140万円までの裁判にしか対応できませんが、弁護士にはこの上限などはないそうです。借金の総額や、万が一裁判で争うこととなる金額が140万円以下ならば、司法書士でも大丈夫という声もあるそうです。

目的別キャッシングで利息が安くなることも

Posted by cradmin - 6月 3rd, 2014

キャッシングで最も知名度の高い、人気の高い商品というと即日審査を行っている商品かと思います。銀行でも審査にかかる時間を30分から1時間程度など、その日に返事をしてくれるサービスを開始したことで、このサービスは知名度も高いようです。


キャッシングのお金を何に使う?

多くの場合、キャッシングなどで借りたお金を利用する目的を持っているかと思います。生活費の足しにしている人もいれば、交際費などに充てる人や、買い物に使いたいという人もいるでしょう。この中で会社が現金出費は一時的に大きいと判断したものなどは、目的別ローンという名前で、即日審査よりも安い利息で借りることが可能なものがあるそうです。車の購入や結婚式などにまつわる費用などを扱っている会社が多いそうです。


相談して、利息が安くなることも

多くの会社の目的別ローンでは、会社が商品を固定して利息を安くしていることが多いのですが、中には一定の目的のみにお金を使う場合は相談の上、利息の軽減を行うと決めている会社もあります。この目的や判断は会社で異なりますから一概には言えませんが、相談してみて安い利息が適用できるかは、確認してみるほうがいいかと思います。また、目的の範囲などは案外広いケースが多いそうです。