キャッシングにまつわる法律について知りたい

Posted by cradmin - 6月 3rd, 2014

キャッシング会社には、サラ金や銀行、クレジットカードサービスを行う信販会社などがあります。この3つは2つの法律に合わせて分類することができます。この違いは、借金できる上限金額などにも関係しているそうです。


キャッシング会社は2つに分けられる

まずは銀行です。最近になって少額ローンのサービスが活性化していますが、昔は住宅ローンなど大きな融資しか行っていなかったと言われることもあります。銀行には銀行法という法律があって、この法律にそって借りることのできる人の条件などを設けています。中には専業主婦が利用できるものがあるというのも、この法律の違いから出るサービスの差があるそうです。


サラ金やクレカは貸金業法

一方で、昔から即日審査などの少額ローンを提供していたサラ金、クレジットカード会社は貸金業法という法律に沿っています。この法律では、個人の年収にあわせて借りることのできる金額が決まっているそうです。年収の3分の1までという総量規制や、収入証明書の提出義務なども貸金業法特有のルールとなっているそうですが、一部キャッシングの、おまとめローンなどはこの規制対象から除外されるケースもあります。収入証明書の提出義務は一社から50万円を超えるときに発生します。

参考:サラ金 審査(有名どころのサラ金に関して言えば、審査は銀行と同じぐらい厳しい場合もあります。まずは、審査基準を知ることから始めましょう)

Comments are closed.

Blog Home